« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020/06/29

タワークレーン

先日マンションの基礎配筋検査にて。

Img_9320

敷地が狭くタワークレーンの基礎が単独で設置不可能でしたので、

今回はもともと偏心させていた杭基礎側面に補強筋を配置し、

敷地境界とのわずかな隙間にタワークレーン柱脚を埋め込む方法で対応できました。

設計時に全偏心させておいてよかったー

 

|

Revit報告①

Revitに挑戦し始めて………

少しずつ慣れてきた気がします。

そこで、いままで挑戦してきた中で思った感想を少し💦

部材一つを配置するにも

配置の仕方が幾つか有ったり、

各図面(伏図、軸組図等)で、どの様に見せるか等、

細かい設定も幾つも有り。

それを設定(調整)していくのが結構大変😖💥

一度設定してしまえば、後はスムーズに行くと思うのですが~~

 

後は、Revitは3D-CADであるという事を前提に

作業を行わなければキツイところがある。

(2D-CAD化した時の感覚の違いがある。)

Revitの場合、図面を見る側も3Dの頭で見ないと~👀

見ずらいという感覚にかるかも💦💦

Image1_20200629113401

Image0_20200629113301  

|

2020/06/22

Revitに挑戦

かなり前に導入したまま放置となっていたBIM用ソフトの『Revit』に挑戦。

実際の業務にあたっては、現状の2D-CADで支障無い為、なかなか重い腰が上がらなかったのですが、

最近はコロナの影響もあってか、少し時間が出来たので、自身や事務所のスキルアップを兼ねてようやく挑戦。

Img_6845

しかし❗❗

………全然分からん💦

まず、ところどころ英語で表記されている………読めんし分からんし😖💦

参考書を探しに本屋さんへ~💨

 

しかし❗❗

基本的に一般的な説明のみで、しかも殆どが意匠的なことだらけ💦

多分、一般的にはそれで良いと思うのですが〰〰〰

 

しかし❗❗

そもそも、うちが導入したキッカケが、『構造図の作図時間の短縮』、『納まり等の見える化(部材毎の干渉チェク)』、『各図面及び計算書と

の不整合の解消』、主にこの3点が出来る(若しくは簡単になる)ということだったので………………何か違う😖💥

 

しかし❗❗

そんな状況でも毎日コツコツと挑戦。

最近では少し構造図っぽい感じになってきた気が🎵

最初はストレスだらけでやる気も出なかったのですが、最近は少し楽しくなってきた気が………

とりあえず、線の設定をして~~文字の設定をして~~通り心符号の設定をして~~と、現状そんな感じです。

Img_6841

また、スキルアップしたらブログにアップしていこうと思います。

 

|

2020/06/19

DMカードジャパン株式会社のアークカード

毎月、送っていただいているDMカードジャパン株式会社のアークカード

建築総合情報集として主に建材の情報がたくさんきます。

 Archcard

たまに気になったり、「へえー、こんなのあったの」ってのも。

写真は土間コンクリートが下がった時の修復工法や

ゲリラ豪雨対策のシャッター

 

へぇー、こんなのっていうジャンルです。

そうすると資料請求するわけですが、それもだんだん古くなるし。。。

 

なのですが、この情報、バックナンバーがネットで見れて、

そこからも資料請求可能なのです。

そのサイトがこちら

アークカードバックナンバー

 

ここで検索窓もあればさらにいいのですが、そこまでは求めすぎですね。

| | コメント (0)

2020/06/10

棚の増設!

食器洗い用のスポンジが、水のはねるかもしれない位置にあるのは不衛生じゃないか?

とういのが突如、事務所内で話題?になりました。

 

とはいえ、置く場所もなかったので、、、

 

200610

 

100均で棚を増設してみました。

本来は逆向きにして、立てて使う用の台のようですが、

かなり納まりがいいです。

しかも、もう1段増設可能!😃

 

しかし、ちゃんと絞らないと水が垂れるのが問題点。。。

改良の余地?は多いのかもしれません

|

2020/06/09

四日市マンション現場です

Img_0672

場所打ち杭の施工が終わり、基礎梁の配筋検査に行ってきました。

写真にはありませんが、基礎梁主筋D38, 杭頭補強筋と柱主筋との取り合いが複雑で した。

梁成は最大で3800ということでコンクリートは2回に分けて打つそうです。

また、四日市は残土の処理に厳しいらしく、掘るのが大変だったと現場のかたはおっしゃっていました。

次は2階床の特定工程の際にお邪魔したいと思います。

 

|

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »